Artist Lineup 2024

  出演アーティスト

ISLA DE SALSA 2024 メインバンド

記念すべき第25回のイスラ・デ・サルサは
日本を代表するサルサバンド “オルケスタ・デ・ラ・ルス”と一緒に!

ORQUESTA DE LA LUZ

日本が世界に誇る Made in Japan のサルサオルケスタとして世界を舞台に活躍する “オルケスタ・デ・ラ・ルス”。今年結成40周年を迎え、5月には大黒摩季 ( マキータ・ゴメス)、當間ローズ、そしてナオト・インティライミなど国内外の有名アーティストも参加してオリジナル曲やカバー曲等を収録した40周年記念アルバム『Más Caliente』もリリース。
イスラとデラルスのとダブルアニバーサリーを祝うステージ、これはもう熱いステージになること間違いなし!

出演アーティストは決定順に発表していきます。

Salsangroove

日曜出演

jizue

日曜出演

CHRIS COMBETTE

両日出演

HABANA

土曜出演

Orquesta Juntos Fukuoka!

土曜出演

Café Amarillo

日曜出演

Afro Cuban Japan

土曜出演

Intarnational dancers

Izumi

Malambo

2019年にアルゼンチン民族舞踊と偉大なダンサー達と出会い、boleadorasやbomboなどをビデオ通話で学び始める。
2022年4月~5月、Tropilla MalamboのメンバーとしてブエノスアイレスのLomas de Zamoraを中心にステージを経験。
2022年11月~2月、ブエノスアイレスのペーニャ他、コルドバ地方カルロスパス、Malambo femeninaの大会でエキシビション参加。2月に帰国後、コスキン・デ・ハポン (福島)、Studio Caminito (東京) 、名古屋ラテンアメリカフェスティバルなどでショーを行いながら、アルゼンチン民族舞踊を踊り続けている。

Diego & Sofía

Latin Dance

Diego Castro:World Salsa Summit 2016、2017 世界チャンピオン。World Dance Cup 2015、2016で世界第3位。World Dance Cup 2011 チャ チャ チャ部門準優勝。プロダンサー兼振付師として活動する傍ら、アルゼンチンのイベントの主催およびプロデュースも手掛けている。
Sofía Ardila:World Salsa Summit 2017でファイナリスト入賞。Comadreja Salsa Championshipにて2017年、2018年、2年連続優勝。2015年、Arena Hip Hop Argentina ダンスホールレゲエ ペア で優勝するなど、ヒップホップ、ストリート系のダンスを得意とし、これまで数々の賞を受賞。

Ricardo & Claudia

Latin Dance

Ricardo Murillo:2005年ラスベガスで開催されたワールド・サルサ・チャンピオンシップ (WSC)、キャバレーの部にて優勝。その他数々のサルサ世界大会に出場し入賞の経歴を持つ実力派ダンサー。北京で開催されたWSC (2007年)では審査員も務め、スイスでのサルサ世界コングレス2008年大会ではイメージキャラクターに抜擢され特別ゲストとして招かれた。
Claudia Nuñez:コロンビアのカリ出身。数々のサルサ国内大会で優勝・準優勝を重ねた後、サルサ世界大会やチャンピオンシップなどの国際大会に出場。現講師リカルド設立のダンスアカデミー Baile Stilo y Saborでダンサー・講師として活躍。

Yuka

Latin Dance

2015年秋より約9ヶ月間にわたりキューバにダンス留学。キューバ国立高等芸術学院(ISA)アフロキューバンダンスコースにて現地学生と共に学ぶ他、元国立民族舞踊団トップダンサー達に師事。
2017年~2019年までティエンポラテンダンス舞踊団、ANACAONAメンバーとして様々なイベントや舞台で活躍した後、2019年秋より約5ヶ月間スペインへ。
様々なスタイルを習得し、帰国後ティエンポラテンダンス講師として数多くのレッスンやイベントで活躍中。

Joel Tempestti & Agueda Mansilla

Tango

ダンサー、振付師として15年以上のキャリアを持ち、メンドーサ議会の上院から文化的貢献を認められているアゲダと、タンゴとアルゼンチン民族舞踊のダンサー、講師、国立舞踊団のメンバーとして活躍するジョエル。
2016年には、タンゴの普及とプロダンサー養成活動に貢献していくことを目的に文化省が主催する"Seleccionado Federal de Tango Danza" のメンドーサ代表に選ばれ、1年間メンバーとして活動する。
彼らの才能は競技会でも認められ、サルタタンゴフェスティバルのチャンピオンとなり、2024年ブエノスアイレス市ダンス選手権では4位という素晴らしい成績を収めた。

Micaela Garcia

Arabian Dance

Saida、Amir Thaleb、Yamil Annum、Shahdana、Shanan、Rhanda Kamel、Darina、 Darya、Oxana、Jilina、Amar Gamalなどこれまで数々のマエストロに師事。
ロサリオのAishaダンス学院を卒業後、同学院またBCMスタジオにて講師・振付師を務める。
2016年 ドバイの Desert Safari Camp に専属ダンサーとして在籍。
Masabniコンクールにて2015年、2017年最優秀ダンサー賞を受賞。

Ale Caires

Flamenco

ブラジル出身、セビリアのトリアナ在住。
スペインにルーツを持つ家庭に生まれ、幼少期からフラメンコの芸術に深く魅了される。Los Farrucos、Los Talegones、Las Amayasと3つのフラメンコアカデミーで学んだ後、Farruca Montoya、Carmen la Talegona、Juana Amayaに師事。彼女の踊りの3つの基礎柱となっている。 特定の国や地域に定住することなく、さまざまな国(ブラジル、日本、トルコ、スペインなど)を訪れ、長期間にわたってダンスの授業を行い、踊り続けているという生活スタイルをおくっている。

Tatsuya Nakagawa

Flamenco

学生時代にバンド活動でエレキギターを始める。その後フラメンコギターに転向。2008年よりアルマ・デ・フラメンコ福岡校にてギター講師となり、タブラオ「ビエルネス・フラメンコ」にて多数のスペイン人アーティストと共演。現在、ティエンポを拠点に 様々なイベントやタブラオで活躍中。